引越し トラック 道路の幅

引越しのトラックと道路の幅

引越し トラック 道幅

 

引越しトラックにはいろいろな大きさがあります。
荷物の量でトラックの大きさを決めるのですが、できるだけ小さいトラックのほうが大きいトラックより経費が安く済みます。

 

でもトラックが小さすぎて荷物がすべて入り切らなかったら追加料金がかかったりするので、適正な大きさのトラックが必要です。

 

実はトラックの大きさが決まっても、物件に面する道路の幅によっては使用できないことがあります。
トラックの大きさと前面道路の幅の関係は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

運びたい荷物の量が多いときは大きなトラックを使いたいところですが、物件に面する道路の幅が狭くて使えないことがあります。

離れた場所に駐車して台車でトラックと物件を往復するか、道路に停車できる小さなトラックを数台用意することになります。

 

どうやって引越しするのが一番経費がかからないかはケースバイケースなので、引越し業者に相談しましょう。