引越し キャンセル

引越しのキャンセル

引越し 手順

 

人間いつ、何があるか誰にもわかりません。

 

急な病気で入院するかもしれませんし、家族が手術することになるかもしれませんし、交通事故に遭うかも。
他にも会社から急に長期の出張や海外出張を言い渡されることもあり得ます。

 

自分の意思でなくても予約した引越しができなくなることもがあります。
しかしこれでもこちら側の都合でのキャンセルに違いはありません。

 

こんな時に一番気になるのは正直「キャンセル料」ではないでしょうか?
もし引越しをこちらの都合でキャンセルした場合、どうなるのでしょう?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
そこには次のようなことが書かれています。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

この法律によると、引越しのキャンセルは引越し日の前日と当日のみ請求されるようです。

 

これは依頼者にとってはかなりありがたい法律です。しかし逆の立場、つまり引越し業者にしたらたまったものではないですね。

 

ですからキャンセルが確定したらすぐに引越し業者に連絡してください。
引越し日までに少しでも時間があれば、他の人の予約が新たに入るチャンスが多くなってリカバリーできる可能性も高まるからです。

 

この標準引越運送約款は引越し業者にはずっと不評なため、そのうち改訂される可能性があります。
引越し業者を契約を交わす際に、「キャンセルについて」の項目にもしっかり目を通しておくと安心です。