引越し業者に運んでもらえないもの

引越し業者に運んでもらえないもの

引越しの際、引越し業者が運ぶのを拒否できるものが標準引越運送約款で決まっています。
もし、引越しの際にこれらの品があった時は運んでもらえないことがありますので注意しましょう。

 

@貴重品:現金、宝石、貴金属、預金通帳、印鑑、キャッシュカードなど
A危険品:火薬など
B特殊な品:ピアノ、美術品、骨とう品など
C生き物:動物や植物など

 

これらを運ぶ際には、見積もりの際に事前に伝えておかなければならないものもあります。
最近はピアノや仏壇も荷物として運んでくれる引越し業者もありますが、事前に伝えていないと断られても仕方がありません。

 

仏壇はちょっと
ピアノは高級な楽器ですし、かなりの重さがあります。
エレベーターに載せられないこともあるので、すべての引越し業者が扱っているとも限りません。
仏壇を運ぶ際は、まずお坊さんに来てもらって精抜きをしてから運送、その後またお坊さんに来てもらって精入れを行うという慣わしがあります。最近では運ぶ前に手を合わせるだけでもいいという考え方もありますが、仏壇も高級な家財なので運んでくれない引越し業者もあるかもしれません。

 

心配な方は見積もりの時にしっかり話合いましょう。
それでも心配なら、ピアノも仏壇も運搬の専門業者がありますのでそちらに依頼しましょう。